PHYSICA

MacOS X上での解析環境 ・MacOS X版の PHYSICA (with X11)

PHYSICA は TRIUMF で開発された汎用のデータ描画ソフトで、多彩なマクロ機能を使って簡単な解析もできることから、TRIUMF の実験では測定中のオンライン解析ソフトとしてよく使われています。ありがたいことに、TRIUMF の Computer Group によりあらゆる UNIX 系の OS に対応した版が用意されており、MacOS X 版もホームページからバイナリをダウンロードして利用することができます。

 マニュアルおよびダウンロード先はPHYSICAのホームページおよびそこからのリンク先 ftp://csftp.triumf.ca/pub/CompServ/physica/ の osx フォルダを参照(インストール法についてはその中の aaaread-me.txt を参照)。

また、インストール後のセットアップ、使用法については Linux 版のもの( KEKMSL のデータ解析支援ページ以下、 http://msl-www.kek.jp/msllnx6.kek.jp/MSR/physica.html )が そのまま役に立ちます。( KEKMSL のデータ表示方法なども紹介されています。)µSR用のマクロ(スクリプト、*.PCM )を集めたものを以下に置いておきます。
physica-macros.tar.gz