paw++

MacOS X上での解析環境 ・MacOS X 版の paw++ ( with X11 )

 paw++ は µSRデータ解析と必ずしも直接結びつくものではありませんが、現在 KEKMSL のデータはすべて hbook という形式のヒストグラムの形でデータ収集用コンピューターの上に保存されており、これらを直接見たり操作したりしたい場合には paw++ がもっとも適したソフトです。これは CERN Library と呼ばれる一群のソフトウエアツールの一部分であり、そのバイナリ全体をインストールするのがもっとも簡単な方法です。

 CERN Library は MacOS X (10.3)用のものが fink でサポートされています。もう一つの方法として KEK の藤井啓文氏の HP からダウンロードすることもできます。(http://www-jlc.kek.jp/~fujiik/macosx/10.3.X/ 以下、CERNLIB、Dis45、and TDR のリンク先)Source からインストールするのは大変ですが、HP 下の方に紹介されているバイナリインストールを行うと簡単です。